宮島行くなら食べるしかない!「海のミルク」といわれるあの食材! | 立命館スタイル
IMG_2988

宮島行くなら食べるしかない!「海のミルク」といわれるあの食材!

105 views

宮島には広島名物の牡蠣が、食べられる場所がいっぱい!この機会に、たっぷり牡蠣を堪能しよう!!

宮島の象徴といえば、大きなしゃもじ?!

宮島行くなら食べるしかない!「海のミルク」といわれるあの食材!

宮島と言えば、世界文化遺産の「厳島神社」。自然豊かな弥山(みせん)には、紅葉谷公園・大元公園・宮島ロープウエーがあり、島には宮島水族館やたくさんの野生の鹿がいます。

島の中心には弁才天の手のような琵琶の形を「大きな杓文字」があり、杓文字は宮島の特産物の1つです。

その他にも、重要文化財に指定されている五重塔・豊国神社・多宝塔・大元神社をはじめ、大願寺・清盛神社・光明院・宝寿院・徳寿寺・真光寺・存光寺の神社仏閣を巡りができます。

そして、島にはたくさんのカキグルメがあり、見どころいっぱいで1日で回りきるのは困難です。

≪アクセス≫

宮島口よりフェリーで約10分。

(宮島口~宮島桟橋は、約15分間隔で「JR西日本宮島フェリー」と「宮島松大汽船」が運行)

 

宮島公式ホームページ

牡蠣を使った料理がたくさん!?焼きがきのはやし!

宮島行くなら食べるしかない!「海のミルク」といわれるあの食材!

とにかく牡蠣をたらふく味わいたい!と思ったので、牡蠣のカーテンの水槽が特徴的な、「焼きがきのはやし」に入りました。

色んな調理法で牡蠣を堪能したい!っと思い、

「いつくしま定食 生カキ4個(2680円)」を注文しました!

なんと、いつくしま定食には「生カキが4個」「カキフライ」「カキ飯」と牡蠣のフルコース!

新鮮で安全だからこそ食べられる、生カキは濃厚でまさに海のミルク!カキフライは衣がサクサクで噛む度にカキのエキスが溢れだします!カキ飯は、カキの旨みがたっぷり入っており何杯でも食べてしまいたいくらいでした!

食事が来るまで、夏に厳島神社で開催された花火大会の映像を見せて頂けます。

カキをたっぷり堪能したい方、カキ好きな方は是非「焼きがきのはやし」へいらして下さい!

「焼きがきのはやし」 ホームページ

食べログ

店内でもテイクアウトもOK!色んな味で牡蠣を楽しもう「宮島の牡蠣くん」!

宮島行くなら食べるしかない!「海のミルク」といわれるあの食材!

宮島の表参道を歩いていると、様々なソースで焼きカキを味わえる「宮島の牡蠣くん」!

通常の焼き牡蠣は1個200円!焼き牡蠣の串刺し(4個入り)400円!大人気の牡蠣のグラタン300円!バラエティー豊富なメニューで、何を頼むか迷います。

≪トッピング牡蠣:250円≫
・(バターベース
①バター ②バターチーズ ③ガーリックバター ④香草バター ⑤バター牡蠣醤油

・(マヨネーズ・味噌ベース
①マヨチーズ ②マヨ味噌チーズ ③土手味噌 ④田楽味噌 ⑤マヨ牡蠣醤油

・(多国籍・創作焼き
①ピザソース ②韓国コチュジャン ③オリーブオイル焼き ④ペペロンチーニ風

⑤時雨焼き(砂糖醤)

トッピングは下記15種類で、今回は店員さんオススメのバター牡蠣醤油を注文!なんと通常よりも1個おまけして頂きました!!お味は、焦げたバター醤油に大ぶりのカキが絡み合ってたまりませんでした。

「宮島の牡蠣くん」で色んなお味の牡蠣を堪能してください!!

食べログ

タグ:
友だち追加数

Facebookでコメントする